• ホーム
  • ハイドロキノンとトレチノインは相性が良い

ハイドロキノンとトレチノインは相性が良い

2019年12月06日

最近くすみが目立つようになってきた、年齢を重ねたらシミが増えてしまった、そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。加齢はお肌にターンオーバー不足やコラーゲン不足といった問題をもたらします。ターンオーバーが乱れがちになったり、肌の水分量が低下することでシミや小じわなどの美容トラブルが起きてしまうのです。

アンチエイジングに大きな効果をもたらすとして知られている成分、トレチノインには優れたピーリング作用があります。トレチノインを使用すると古い角質が剥がれ落ちやすくなるため、沈着したメラニン色素の排出を促すことができるのです。

トレチノインと非常に相性が良い成分として、ハイドロキノンが挙げられます。ハイドロキノンにはメラニン色素の分泌を抑制する働きがあるため、この2つを併用することによって、効果的にシミを改善することができるのです。
トレチノインとハイドロキノンの併用療法は、美容クリニックによるシミ治療にも取り入れられています。お肌のシミを薄くして美白効果をもたらす画期的な治療方法として、広く用いられているのです。この2つを使ったシミ治療を受けるために、美容クリニックへ通っているという方も多くいます。

併用療法は、まず最初にトレチノインを使用し、その後ハイドロキノンを塗布するという流れで行われます。ピーリング作用によって余計な角質を取り除いた後、ハイドロキノンを使用してメラノサイトに働きかけるのです。
これら2つの成分を使用した治療方法は、老人性色素斑や炎症性色素沈着、そして肝斑などに効果をもたらします。トレチノインにはコラーゲンを増やす作用もあるため、小じわを目立たなくさせるといった美容効果も期待できるでしょう。

いずれも強い効果を持つ成分ですので、併用療法を行う際には、それぞれの用法や用量をきちんと守ることが大切です。とくにトレチノインにはピーリング作用がありますから、必要以上に使用しすぎてしまうと、肌トラブルを招く可能性もあります。浸透しやすい性質を持っている成分ですので、目の周りなど皮膚がごく薄い部分への使用は避けた方が良いでしょう。正しい使い方を守れば、トレチノインとハイドロキノンはお肌に美容効果と美白効果をもたらしてくれます。一度できてしまったシミは消えない、そう考えて諦めてしまっている方も多くいるのではないでしょうか。しかし併用療法で皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを抑制すればできてしまったシミにも対抗することができます。

シミやくすみのない明るいお肌は、顔立ちを若々しくいきいきとした印象にしてくれるものです。新陳代謝によって肌細胞の生まれ変わりを促進できれば、年齢からくる様々な美容トラブルを軽減することができます。市販のアンチエイジング化粧品に物足りなさを感じている方、シミを効果的に改善したい方は、画期的な成分であるトレチノインとハイドロキノンに注目をしてみましょう。