• ホーム
  • バリア機能を作り出すために必要な栄養素

バリア機能を作り出すために必要な栄養素

2019年10月30日
顔をマッサージしている女性

肌は新陳代謝によって生まれ変わり、古い細胞を捨てて新しい細胞を作る、といったことを繰り返しています。新陳代謝が停滞してしまったり、サイクルが乱れてしまうと、肌荒れなどのトラブルが生じやすくなるのです。

皮膚のバリア機能が低下してしまうと、新陳代謝が正常に行われなくなってしまいます。また皮膚の内側に水分を保持できなくなるため、乾燥した状態になり、かゆみや皮剥けなどの症状があらわれてくるのです。

お肌のバリア機能が低下してしまう原因には、様々なものがあります。加齢によるコラーゲンの分泌量減少や、紫外線によるダメージも、バリア機能を損なう原因です。内部まで乾燥した状態になってしまうと、外側から潤いを与えても、なかなか肌状態を改善することができません。バリア機能を作るために必要な栄養素をしっかりと摂取して、内側から対策を行っていきましょう。

角質層にたっぷりとセラミドが存在していれば、バリア機能が正常に働き、外部からのダメージを防ぐことができるとされています。皮膚の角質層にセラミドを作り出すためには、どのような栄養素を摂ると良いのでしょうか。セラミド不足の人が積極的に摂取しておきたい栄養素として、米や小麦などの主食、そしてこんにゃく芋などがあげられます。この中でもとくにこんにゃく芋は、美容に良い栄養素の一つであるセラミドを、豊富に含んでいる食材です。積極的に食事に取り入れて、不足しがちなセラミドを補いましょう。

新陳代謝を促進し、健康な肌を維持するためにはビタミンAの摂取も重要となります。ビタミンAは肌や爪の健康を保つために、欠かすことができない栄養素の一つです。人参やさつまいもなどの根菜類や、ブロッコリーなどに多く含まれています。とくに生の人参にたっぷりと含まれていますので、人参サラダやジュースから摂取するのが効率的でしょう。

肌の新陳代謝を正常化させ、バリア機能を回復させるためにはタンパク質や脂質を摂取することも大切です。ダイエットや美容のためと考えて、野菜中心の食事を摂り続けていると、タンパク質や脂質が不足しがちになってしまいます。適量であれば、カロリーが高めな肉類も美容に良い効果をもたらしてくれるのです。野菜ばかりに偏らず、肉や魚などタンパク質を豊富に含む食品を摂取することも、非常に大切です。様々な食材を偏りなく、適量摂取することが健康な肌作りにつながります。

角質はたまりすぎてしまうとくすみや肌荒れの原因となってしまいます。しかし角質層がなければ、肌は外界からのダメージを直接受けることになり、健康な状態を保つことはできません。セラミドがきちんと含まれている角質層は、皮膚をダメージから守り、新陳代謝のサイクルを正常に維持してくれます。脂質やタンパク質、そしてビタミンAなどの栄養素をしっかりと摂取し、肌のバリア機能を回復させましょう。栄養バランスの取れた食生活は、お肌に潤いをもたらしてくれます。