• ホーム
  • ヒルドイドにはジェネリック医薬品もある

ヒルドイドにはジェネリック医薬品もある

2019年09月27日
肌がきれいなので満足をする女性

優秀な保湿剤として知られているヒルドイドには、ジェネリック医薬品も存在しています。乾燥肌や肌荒れの保湿ケアは、長期にわたることが多いものです。一旦乾燥した状態になってしまうと、肌のバリア機能が低下し、新陳代謝が進みにくくなってしまいます。

ヒルドイドは比較的安価な保湿剤ですが、長い期間使う場合にはそれなりのコストがかかります。乾燥がひどい場合にはたっぷりと保湿剤を使用することになるため、チューブがすぐに空になってしまうことも少なくないものです。しかしもったいないからといって使用量を減らしてしまうと、十分な保湿効果を得ることができません。ヒルドイドを使いたいが価格が気になってしまう、そんな場合はジェネリックを使用すれば、保湿ケアに必要な費用を多少抑えることができるでしょう。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が満了した後に開発される後発医薬品のことを指しています。先発医薬品と同じ成分を配合しているため同等の効果が期待できますが、価格は安めです。治療にかかる経済的な負担をなるべく軽減したい、そんな場合にジェネリック医薬品の使用は最適な選択肢の一つだといえるでしょう。

ヒルドイドのジェネリック医薬品としてよく知られているものに、ビーソフテンがあります。ヒルドイドと同様に、優れた保湿成分であるヘパリン類似物質が配合されている保湿剤です。ヒルドイドと同等の効果が得られるリーズナブルな保湿剤として、多くの人に選ばれています。
ビーソフテンにはクリームタイプとローションタイプの二種類がありますので、肌状態や用途に合わせて選ぶことが可能です。クリームタイプは油性ですので、乾燥の症状が強い場合に適しているといえます。ローションタイプは非常に伸びやすく、さっぱりとした塗り心地が特徴です。

ビーソフテンクリームはややかためのクリームとなっていますので、肌質によってはべたつきを感じることもあるでしょう。肌にしっかりとなじませることができるため、高い保湿効果が期待できます。クリームだとべたつきが気になってしまう、そんな場合にはローションタイプがおすすめです。さっぱりとした使い心地ですから、夏など汗をかきやすい時期にも使いやすいでしょう。

いずれの製品にもヘパリン類似物質が配合されていますので、乾燥肌を改善したい時、保湿したいときに最適です。クリームタイプもローションタイプも、お手頃な価格となっています。季節や肌状態に合わせて使いやすい方を選びましょう。
乾燥肌を改善するためには、根気よく保湿ケアをつづけていくこと大切です。皮膚表面のトラブルがおさまったように見えても、すぐにケアをやめてしまうと再び乾燥がぶり返すこともあります。お風呂上がりなど、肌に水分が浸透しているときにビーソフテンクリームやローションでしっかりと保湿を行なっておけば、水分の蒸発を防ぎうるおいのある状態を保つことができるでしょう。