• ホーム
  • 頑張っても美脚になれないのはなぜ?

頑張っても美脚になれないのはなぜ?

2020年01月21日

スラリとした美脚に憧れて色々と対策をしているのに効果が出ない、その原因は生活習慣にあるのかもしれません。普段何気なく行なっていることが、脚の見た目に影響をもたらしているのかもしれないのです。気づかないまま続けていると美脚から遠ざかってしまう、そんな生活習慣についてチェックしてみましょう。

ダイエットをしても脚が細くならないなら、むくみや筋肉が影響しているのかもしれません。むくみで脚がたるむ、あるいは筋肉が張り出しているという場合、食事制限をしてダイエットを行なっても、美脚になることは難しいでしょう。

なぜむくみが生じてしまったり、筋肉が固く張り出してしまうのでしょうか。その原因としてまず考えられるのが、骨盤のゆがみです。骨盤の前側には下肢に向かって伸びるリンパや血管が存在しています。骨盤にゆがみがあると、リンパや血管の流れが滞ってしまい、余分な水分がたまりやすくなるのです。また骨盤は体全体のバランスにも、関係しています。バランスの悪い状態で姿勢を維持しなければならないため、筋肉に余計な負担がかかり、結果として脚の筋肉を固くしてしまうこともあるのです。

さらに骨盤のゆがみは、お尻の形にも良くない影響をもたらします。左右のバランスが悪くなってしまうだけでなく、お尻がたるむ原因にもなるなど、プロポーションに大きなマイナス効果を与えてしまうのです。

骨盤にゆがみを生じさせてしまう習慣として、脚組みが挙げられます。長時間イスに座っているときなど、無意識に脚組みをしている方は多いのではないでしょうか。ついやってしまいがちな習慣の一つですが、骨盤にとっては非常によくありません。習慣的に行なっていると、骨盤の位置がずれてしまうこともあるのです。

長時間同じ姿勢でいると、骨盤には大きな負担がかかってしまいます。座り仕事をしている場合、一定時間ごとに休憩をして、体を伸ばしてあげたほうが良いでしょう。また座り仕事をしている人は、首や背骨にも負担がかかり、体全体にゆがみを生じさせてしまいがちです。正しい姿勢を意識することが、改善につながるでしょう。

立ち仕事をしている場合、むくみ対策をしっかりと行なっていく必要があります。長時間同じ姿勢で立ち仕事をしていると、骨盤に負担がかかるだけでなく、血行が滞ってしまいがちです。ストレッチやマッサージで対策を行なって、むくみのない美脚を目指しましょう。

体のゆがみを正し、血液やリンパの流れを促進すれば下半身のむくみを改善することができます。また正しい姿勢を保つようにすれば、脚全体にバランスよく筋肉がつき、引き締まった美しいシルエットを作ることができるでしょう。スラリとした美脚を手に入れることができれば、洋服を着こなすのも楽しくなるものです。細身のボトムもおしゃれに格好良く、着こなすことができるようになります。日頃行っている癖や生活習慣を見直し、ゆがみを退治して美脚になりましょう。